当日借り入れ

その急な出費を諦めない!銀行カードローンで当日借り入れを実現する

運が悪い出費に対応するには

人間は運が良い時と悪い時があると言いますが、その当時の僕はまさに悪い運の真っ最中という感じでした。運というのはどうしようもない要素なので誰かに愚痴っても仕方がない…というのは頭にあったのですが、あそこまで不幸なんてさすがに早々居ないのでは無いでしょうか…。

まずその時は職場の飲み会の帰り道だったのですが、お酒に弱い私は酷くよっていて足元もおぼつかない状態でして、その結果として足を踏み外して階段から落ちてしまいました。命に別状は無かったのですが、強い打撲との事で病院通いを余儀なくされてしまい、かなりの医療費が発生することになってしまったのです…。

そんな痛い目を見た上に自宅でテレビを見ていたら、そのテレビまでが急に故障なのか動かなくなってしまい、結構古いテレビだったので買い替えもしなくてはいけなくなりました。テレビが好きでよく見るのである程度良い物でないと納得できないので、この出費というのもかなり響いてきました。

こんな踏んだり蹴ったりの不幸の中、お金というのはあっという間に消えていくことになりました。痛い目に遭ってお金も無くなるなんて本当に辛いですが、落ち込んでいても生活費がどうにかできるわけでも無く、自分で用立てしないといけません。貯金も心許ないので、結局は借り入れに頼るしかありませんでした。それも早急に、です。

すぐにお金が欲しい人の強い味方!

そんなこんなで生活費まで困窮するようになった私はすぐにでもお金を用意しないといけないので、無茶とは思いつつも銀行に向かって相談し、何とかして当日借り入れでもできないか、と頼み込んでみたのです。

企業でもなく一個人にそんなすぐに貸してくれるなんて…と思っていたのですが、それでも銀行員の方は出来ることを教えてくれて、私は初めてのカードローンを作ることになりました。

銀行のカードローンというと何だか審査も厳しくすぐには作れなさそうなイメージがありましたが、説明を聞いてみるとそうでもない事が分かります。申し込む時間にもよりますが順調なら当日にでもお金を借りる事が可能であり、とにかく急ぎで生活費の補填をしたい私にとってはかなりありがたい物だったのです。

とにかく不幸続きでカードローンも無事に作れないのではないかと思いましたが、幸いにも言葉通りその日のうちにカードローンが無事に作れたので、何とか生活だけは維持する事ができました。

不幸ばかりでしたが、銀行カードローンに出会えたのは幸運だったのかもしれません。急ぎなら銀行カードローンに頼ってみてくださいね!

不動産担保の借り入れ、メリットだけじゃないんです!

不動産担保の借り入れは、担保を設定している分、大きな金額を借り入れすることが出来るというメリットがあります。担保が有ることで審査にも比較的通りやすく、必要なお金を手にするためにはとても便利な借り入れ方法ですね。ただ、不動産担保の借り入れはメリットだけではなく、もちろんデメリットも存在するんです。

まず、不動産担保の借り入れのメリットは、高額な借り入れが出来るだけではなく、長期の借り入れが可能となることにもあります。長期の借り入れをすることで支払う利息が増えるイメージがありますが、長期の返済になることで金利が優遇されることがあるんです。返済計画が立てやすくなるというのもメリットですね。

ではデメリットはどのようなものでしょうか。一番のデメリットは、万が一返済できなくなったときには担保とした不動産を取られてしまうということですね。住んでいる家を担保にしていれば、住むところが無くなってしまう場合があるんです。

また、不動産担保の借り入れは手数料がかかるというデメリットがあります。これは意外と知られていませんが、不動産登記や印紙代が手数料として必要となるんです。ただの手数料と思って甘く考えてはいけません。この手数料、数十万円になることだってあるんです。手数料ですから借り入れの元金や金利とは別になります。予定している返済総額よりも高くついてしまうことがありますから、どのような費用が必要になるのかについて、あらかじめ確認しておきましょう。

税理士の開業資金、簡単に借り入れってできるの?

税理士は手に職をつけるという意味で人気の職業ですが、それなりの試験を受けなければいけませんし、その試験も簡単ではありません。でも晴れて税理士の資格を取ったとしても、自分で開業するためにはそれなりの資金が必要となります。その場合、簡単に借り入れすることはできるのでしょうか。

税理士の開業資金を自分の資産だけで賄う事が出来るのは理想ですが、どうしても借り入れが必要になる場合が出てくると思います。そのための資金を借りる先としては、日本政策金融公庫の一般貸し付けを利用するというのも一つの方法ですが、税理士会や税理士組合が行っている貸付制度を利用することも可能です。

税理士組合が行ている貸付制度は税理士組合の組合員であれば利用できます。運転資金や事務所で必要な物品の購入資金として最大1億円を借りることが出来るというもので、担保や保証人は必要としますが、少しお得な金利で借り入れすることが出来ますから助かりますよね。

申し込みを行って必要書類を提出した後、組合の審査を受けて合格すれば金融機関での審査を受けることになります。そして、金融機関での審査に合格すれば無事に借り入れできるという仕組みです。必要書類は確定申告書や借り入れ申し込み書など、特別準備が面倒な書類ではありません。

ただ、あくまでも税理士組合が金融機関に斡旋してくれるということになりますから、申し込んだ場合は斡旋料を税理士組合に支払う必要があります。開業・運転資金を借り入れする場合は、どこから借り入れするのが一番自分にとって都合がよいかをよく検討するようにしてください。

親の借金が発覚!子どもが払う必要ってあるの?

親が借金をしていることって、なかなか気づかないし知らないっていう人も多いと思います。でも、ある日突然親に借金が発覚して、その金額が結構大きな金額だったらどうしますか?親の借金ですから、子どものあなたも心配ですよね。万が一、親が返済できなくなった場合、子どもが代わりに返済する必要はあるのでしょうか。

親の借金を子どもが返済するという必要はありません。そもそも、借りた本人以外が返済しなければいけないのは、連帯保証人になっている場合のみです。つまり、まったく知らなかった親の借金ということであれば、あなたが連帯保証人になっていることもないでしょうから代わりに返済する必要はないんですよ。

もし、取り立てが子どもである自分のところに来たとしても返済する必要はありません。ただ、自分の意思で返済するということは自由です。親の助けになりたいと思えば返済しても良いですが、代わりに返済してしまうとこれからも取立てにあう可能性がないとも言えませんから慎重な対応が必要です。

基本的には代わりに返済する必要のない親の借金ですが、子どもが返済しなければならなくなる場合があります。それが相続です。もし親が亡くなった場合は子どもが資産を相続することになりますが、借金も相続することになるんです。借金を相続した場合はもちろん返済義務は相続した子どもに移るわけですから、あなたが返済しなければいけなくなります。

ただ、この返済も相続を放棄することで返済義務を逃れることが可能です。借金の返済だけを放棄することはできませんから、相続を放棄する場合は他の資産も全て放棄しなければいけません。借金よりも資産が多ければ、放棄すると損をしてしまうかもしれませんから慎重に対応する必要があります。

また、相続を放棄した場合、次の相続人に借金が相続されます。相続放棄には期限がありますから、その期限内に放棄しなければ相続が決定してしまうので、すべての相続人が借金の事実を把握して対応を決めていないと、しらないうちに借金を背負わされてしまっている人が出てきてしまいます。そういうことがないように、すべての相続人でしっかりと対応は協議しておきたいですね。

ブライダル専用の借り入れは特典が満載!

結婚って人生の一大イベントですからそれなりにお金がかかってしまうんですよね。結婚式、披露宴、新居への引越し、家具・家電の購入、新婚旅行…。全部合わせると数百万円もの大金を必要とする場合もありますが、全部新郎新婦地震の貯金から出すのが一番ですが、貯金が足りないからと言って我慢はしたくないですよね。せっかくですから出来るだけ希望通りに進めたい!そんなときにはブライダルローンをりようしてみてはどうでしょうか。

ブライダルローンは結婚関連資金についてであれば利用できるローン商品です。結婚関連資金ですから、結婚式や披露宴の費用はもちろん、引越しや新婚旅行代にも利用できるのでとっても使い勝手が良いんですよ。しかも金利がお得!!金利が低く設定されているのは助かりますよね。

ブライダルローンを申し込むときには、結婚式や披露宴の見積書など、実際にどのくらいかかるかということを示す書類が必要になる場合が多いです。多少面倒かもしれませんが、それで低金利の借り入れが出来るんですから、頑張って用意するようにしましょう。

また、ブライダルローンを申し込むと旅行券や銀行の金利優遇、キャッシュバックや商品券・カタログギフトがもらえる特典がついているものもありますよ。せっかくですから特典があるものを選ぶというのも良いですね。

ただ、結納費用には対応していないブライダルローンも多いですから、選ぶときには何が目的対象となるのかをしっかり確認しておく必要があります。返済期間は、長めの設定になっているものも多いですが、諸条件についてもきちんと確認をしてから申し込むようにしてくださいね。

借り入れ金に節税効果があるってホント!?

借り入れ金は基本的に経費にはならないことになっています。ですから、節税と借り入れ金は関係ないことが多いのですが、実は借り入れ金で節税効果が期待できる場合があるんです。

それが相続や贈与の場合です。相続税や贈与税については、借り入れ金などの債務を遺産総額から差し引くということが可能になるんです。これが節税効果に繋がるんですね。

ただ、やっぱり借り入れ金は基本的に経費にならないということは絶対です。それはどうしてか、分かりやすく言えば、100万円借りて設備を購入したとします。設備を購入して、その代金を支払う時に経費として計上することになります。それは当然です。では、今度は返済の為に毎月支払う金額を経費としたらどうなるでしょうか。経費が2重に計上されることになりますよね。ですから、借り入れ金は経費にならない、つまり、基本的には節税効果は得られないのです。

ただ、借り入れをして返済するときに発生する利息は経費扱いにすることが出来ます。利息は純粋な出費ですから当然です。支払利息という勘定科目になります。この支払利息、実は忘れられやすい経費なんです。もし自営業などでお金を借りて、自分のために使ったのか会社のために使ったのか曖昧という時には、全く計上しないというのも損してしまうことになります。そういうときは6割程度を経費として、支払利息として計上しておくと良いですね。

経費として認められるかどうか不安な時は、まず専門家にアドバイスを求めるのが確実です。ちょっとのことで損するか、得するかが変わってくることもありますよ。

アルバイトの人も借り入れできる!何か注意することってある?

アルバイトだけで生計を立てている、という人も少なくはありません。最近では正社員ではなく、アルバイトやパートも含めた非正規社員も増えているのが実情です。実際、アルバイトだけの収入でも問題なく暮らしていけることもあるでしょうが、時期によっては出費が重なって自分の収入だけでは生活できなくなってくる可能性があるかもしれません。そんなとき、消費者金融などからの借り入れが利用できれば良いですよね。

アルバイトだけの収入でも借り入れすることは可能なのでしょうか。消費者金融を利用することを考えた場合、アルバイト収入のみでも申し込み、利用を行うことは可能です。ただ、消費者金融の利用となると、借り入れできるのは最大でも年収の3分の1までしか借りることが出来ません。これは法律で決められていますからどうしようもないんです。でも、その金額でも大丈夫だということであれば、アルバイトできちんと毎月一定の収入が得られていれば特に問題ないでしょう。

気をつけなければいけないのは、自分が借りることが出来る金額が確実に返済できる金額ということではないという点ですね。もちろん、消費者金融は審査を行うことでその人に貸すことが出来る金額を設定しますが、借り入れする人の生活レベルによっては、普段の生活にかなり支障が出る返済になるという事もあり得ます。お金を借りるという時には、どのような返済になるのか、返済してもちゃんと生活できるかをシミュレーションしてから申し込みするようにしましょう。

住宅購入資金の借り入れ、事前にココは知っておきたい!

住宅購入のための資金を借り入れするときには、やはり金額が大きくなりますから事前の下調べはとても重要になってきます。例えば借り入れ条件ですね。いくらまで借りることが出来るのか、返済方法はどのような方法があるのか、金利はどのくらいなのか…。自分で調べることが出来る分は、きちんと調べておくことが自分にとって良い条件での借り入れが出来るこ途に繋がります。しかし、実際借り入れする条件などはきちんと考えると思うんですけど、それ以外でも考えておかなければいけないことがあります。では、住宅購入資金の借り入れをする際、ココは知っておきたい!というのはどういう部分なのでしょうか。

まず、一番チェックしておかなければいけない、知っておかなければいけないのは、自分のライフスタイルが変わることで返済金額の負担が大きくなる可能性があるということです。自分のライフスタイル、生活設計を考えておくことが大切だということですね。結婚、出産などで家族構成が変わると教育資金などが発生しますから当初の予定よりかかる生活費は増えてきます。当社であれば支払えていた返済金額が負担になることがあるんです。住宅購入資金の返済は数十年にわたる長期になることがほとんどですから、自分の生活設計についてしっかり考えておくようにしましょう。

老後資金を貯めていくことも考えておかなければいけません。仮に35年ローンで順調に返済出来たとしても、毎月の返済で精いっぱいで貯金が全くできなかったときには、老後資金がゼロということにもなりかねません。貯金できるような返済計画を立てることが重要になってきます。

あとは、条件面での基礎知識を身に着けておきましょう。変動金利と固定金利があることは知っていると思いますが、どちらにもメリット・デメリットがあります。期間限定の固定金利を選択することも出来ますから、それぞれのメリット・デメリットを生かすためにどういう借り入れをするのか、よく家族で話し合っておくと良いですね。

経理作業するなら知っておきたい!借金ってどういう扱いになるの?

経理作業を行うときに、いろいろ仕分けをしていくと思います。勘定科目も覚えなくてはいけませんし大変な作業ですよね。しかもお金に関係することですから間違いも許されません。では、借金は経理的にはどのような扱いにすればよいのでしょうか。

まず借金を経費とすることはできません。借金を経理上で表すとすれば元金返済ということになります。ただ、借金の利息については支払利息という勘定科目となり、それは経費になるんです。借金の元金が経費にならないのは、その借金で何らかの設備を購入、支払していることで一度経費計上してしまっている為なんですね。経費が二重に挙がってはいけませんから、借金の元金は経費にできないんです。

また、借金はその返済が1年未満か1年以上かでも変わってくることがあります。それが長期借入金と短期借入金です。長期借入金で計上していたものを、実際返済が残り1年を切った場合は短期借入金に変更する場合がありますが、これはその会社によりますね。

支払利息については、今期でまだ支払期日が来ていない分、つまりまだ支払っていない利息についても、未払いの利息ということで未払計上することが必要になります。また、消費税区分としては支払利息は非課税になりますよ。

逆に受け取った利息については受取利息という勘定科目になります。これは、お金を貸してその返済のときに得られた利息を仕分けするときに使うものですね。支払利息と同様、非課税扱いになります。

お金を借りる時の名義貸し、甘く考えたら大変なことになるんです!

名義貸しという言葉を知っていますか?たとえばお金を借りる時に、実際利用する人に代わって申し込みをするというものです。つまり、あなたが契約したものを別の人が利用するんですね。あなたの名義を第三者が利用するので、名義貸しという言い方をします。

名義貸し、たとえば知り合いに頼まれてしまった場合は特に違和感なく受け入れてしまうかもしれません。ちょっと名前だけで良いから貸して、と言われて、別にいいかなと思って名義貸しをした場合、仮に知り合いが毎月返済をしっかりしていたとしても、この行為は犯罪行為になるんです。

名義貸しは詐欺罪にあたります。これはきちんと返済している、していないに関わらず、お金を借りている先を騙している、欺いているということになりますから詐欺にあたるんですね。犯罪行為として訴えられれば圧倒的に不利な立場になるのは間違いありませんから、絶対に簡単に考えて名義貸しを行うことはやめましょう。

また、最近ではアルバイトということで騙して、知らないうちに名義貸しをさせられている、ということもあります。ちょっとカードを作ってきてください、申し込んできてください、ということを命じられて、それを素直に行ったとします。そして、実際に作ったカードを依頼者に手渡してしまえば、そのカードを使うのは申し込んだあなたではなく依頼者になります。つまり、意識せずに名義貸し行為を行うことになるんです。万が一、そのカードが不正に使われた場合は、あなたにもその責任を負わされる可能性が十分にあります。少しでも怪しいと感じたアルバイトの話は避けるようにして、しっかりと自衛するようにしましょう。

あなたが借りたお金を肩代わりしてくれる公的機関があるってホント?

お金を借りたら返すのは基本なんですが、それが出来なくなってしまう状況ってありますよね。自分ではどうしようもない状況、たとえばリストラや災害などが自分の身に降りかかってしまった場合、返済するのは難しくなってしまうかもしれません。そんなときに、公的機関があなたが借りたお金を肩代わりしてくれることがあるって知っていますか?

その公的機関が救済更生事業団です。これは、日本消費者金融協会が作った大きい金額のお金を借りて返済できなくなった人、複数の消費者金融からお金を借りて返済が厳しくなってしまった人に対して、利子なしで肩代わりしてくれるという団体なんです。

今の借金を肩代わりしてくれて、しかも無利子になるなんてとっても助かりますよね。上限金額は500万円ですから、よっぽど無茶な借金でなければ利用できると思います。ただ、もちろん肩代わりをしてくれるというだけで借りたお金がゼロになるというわけではありませんから注意が必要ですね。

そして、この救済更生事業団へ申し込んで制度を利用すると、信用情報に事故情報が登録されてしまいます。つまり、5年間はこの情報が残ることになりますから新規の借り入れやクレジットカード作成が難しくなるんですね。

利息がなくなるだけで返済しなければいけないことは変わらない、しかも5年間の事故情報登録が行われるとなれば、メリットを感じられる人は少ないかもしれません。そうであれば、同じ事故情報登録でも返済額を大きく引き下げることが出来る可能性がある任意整理などの債務整理を、専門家に相談して進めた方が得するという場合もあります。もし返済することが難しくなった場合は、一度専門家に相談して対応を考えるようにしたいですね。